中絶すると不妊になり妊娠しにくくなる?

JXfAJvGhEx8ESY_1451207362_1451207366
妊娠を希望しているのになかなか妊娠できない・・・

過去に中絶をした経験がある女性は、もしかしたらそれが原因で不妊になってるのかも・・と思い込んでいる方がいます。

では中絶すると本当に妊娠がしにくくなるのか?ということについて、今回は中絶と不妊の関係についてお話しをしていきます。

結論から言えば、中絶手術の経験がある人すべてが「妊娠できない・妊娠しにくくなる」というわけではありません。

ただし、中絶の処置がきっかけとなって妊娠しにくくなり不妊につながることはあります。

スポンサードリンク

なぜ中絶すると妊娠しにくくなるのか?

人工妊娠中絶術は、じっさいの手術のときに金属性の機械を使って子宮の中を掻き出したり、吸引器を一緒に使ったりして手術を行います。

子宮の中を掻き出すさいに、子宮の内側を軽く削る形になります。

そのことで癒着を起こし(アッシャーマン症候群)不妊の原因になると言われています。子宮の内膜が正常な状態ではなくなるので、受精卵が着床しにくくなってしまうのです。

子宮の中に器具を入れて処置をしますので、術後の体調など何らかの理由で感染を起こしてしまうこともあります。感染によって卵管炎をおこし卵管が詰まってしまうこともあります。

スポンサードリンク

中絶以外の原因で不妊になっている場合もある

中絶が原因の不妊ではなく、妊娠したいと思ったときにホルモン異常や子宮筋腫などの病気で妊娠しにくくなっていたり、年齢的なものなど他の原因も考えられます。

中絶をしたことで、そのせいで子供ができないのでは?と考えてしまい、強いストレスによって不妊になってしまうこともあります。

したがって中絶=不妊ではないのです。

だからと言って安易な中絶を繰り返すことは、結果的に自分の体を傷つけることになります。

今は、避妊率がほぼ100%のピルなど活用できる避妊法があります。新しい命を大切にするためにも、正しい避妊法の知識をもつことは大切です。

※関連記事⇒人工中絶手術の流れと手術後の注意点 痛みやリスク

スポンサードリンク

このページの先頭へ