おりものの臭いがキツくなる原因とは

vny6lxVKpzvkRyN1443477777_1443477786
生臭い。すっぱい。イカの臭い。

そんな、おりものの悪臭が気になったことはないでしょうか?

膣内は正常な状態だと弱酸性なので、おりものがやや甘酸っぱい匂いがするのが通常です。

しかし生理後などに匂いがきつくなったように感じるのは、女性の体の変化による正常範囲のものと、異常があって匂いがきつくなる場合とがあるのです。

正常なおりものは生理周期に合わせて色や量、匂いが変化します。

正常なおりものの匂いは、膣内の酸性度で変化していて、通常膣内はデーデルライン桿菌といわれる乳酸菌の影響で弱酸性を維持しています。

そのため甘酸っぱいような匂いがするのです。

ところが、生理後は酸性度が強くなるため酸っぱい匂いが強くなったように感じるときがあります。

また、月経血が膣内に残っていたり、生理中に月経血が常にナプキンに付いている状態が長かったりすると、細菌感染を起こしやすくなり酸っぱい匂いが強くなるときがあります。

スポンサードリンク

ホルモンバランスの乱れ

ストレスや疲れが原因で免疫機能が低下していたり、ホルモンバランスが崩れたりしていると、おりものの量や匂いに影響を与えます。

女性の体は微妙なホルモンバランスによって変化をしているので、ちょっとした体や心の変化でホルモンバランスが崩れると、おりものが変化して匂いが強くなったように感じるのです。

カンジタ膣炎

生理後は細菌感染を起こしやすくなっている上、免疫機能が低下しているとカンジタ膣炎といって真菌(カビの一種)が増えることがあります。

カンジタ膣炎になると、おりものの匂いがきつくなり外陰部の強い痒み、カッテージチーズのような白くぽろぽろしたおりものが出ます。

治療は抗生剤の膣錠を挿入します。

トリコモナス膣炎

性感染症でトリコモナス膣炎を発症すると、おりものが黄色や緑色の泡が混じったようになり、生臭い匂いと外陰部に強い痒みが出ます。

治療は膣内洗浄と抗生剤の膣錠および内服を行います。

洗い過ぎやその他の原因

他にも細菌性膣炎をおこすと黄緑色や灰色の膿のようなおりものが出て、おりものが魚の腐ったような匂いがします。

過度な性行為や膣洗浄、ストレス、疲れなどで膣内の酸性が弱くなると、あらゆる雑菌が繁殖してしまい強い匂いの原因となります。

臭いや汚れが気になるからといって、洗浄効果が高い石鹸で洗うのは逆効果となります。

基本的には、ぬるま湯で洗う程度で十分ですが、どうしても気になるようでしたらデリケートゾーン専用のものを使用しましょう。

おりものの臭いがきつくなるのは、膣内のデーデルライン桿菌が減ることで酸性度が変わり、おりものの量や匂いが変化しているからなのです。

また、デーデルライン桿菌が減りすぎると、悪い雑菌が増殖し様々な病気を引き起こしてしまうのです。おりものの匂いの変化は自分の健康状態をみるバロメーターと言えますね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ