子宮外妊娠とは?症状や原因まとめ

7YES5GUPMG6PjYJ1462744738_1462744746
子宮外妊娠の可能性が言われると、本当にショックですし不安にもなりますよね。

子宮外妊娠は異常妊娠の一つです。症状がわかりにくいため発見が遅れ、命に関わることもあります。

特に初期には腹痛などの症状もほとんどないので、妊娠の可能性があれば早めに病院で確認をしてもらう事が大切なのです。

ここでは、子宮外妊娠の症状や原因などについてお話ししていきます。

スポンサードリンク

子宮外妊娠とは

子宮外妊娠とは、受精卵が子宮の中(子宮腔)以外に着床して発育するものを言います。

正しくは異所性妊娠と言いますがこの言葉通り、本来着床すべき場所ではない所で妊娠してしまう事を言います。

子宮外妊娠になる確率やなりやすい人

子宮外妊娠は、妊娠全体の1.~2%程度の確率で起こると言われています。

頻度は高くないにしても、破裂による大出血の可能性がありますので注意する必要があるのです。

クラミジアなどの性行為感染症や骨盤内の感染症をおこしたことがある人、病気などで開腹手術をしたことのある人や人工妊娠中絶などの処置を受けたことがある人は子宮外妊娠になりやすく、また子宮外妊娠の既往がある人は再び子宮外妊娠になりやすいと言われています。

体外受精によって、頸管妊娠も増えています。

子宮外妊娠の原因

子宮外妊娠のうち、その9割以上が卵管妊娠です。その他では、お腹の中で妊娠する腹膜妊娠(腹腔妊娠)や卵巣妊娠・頸管妊娠をする場合があります。

以下、主に卵管妊娠についてお話しします。

子宮外妊娠の原因は、クラミジアやそのほかの細菌などで感染をおこして、受精卵が子宮へ入るための唯一の通り道である卵管が癒着(ゆちゃく)や狭窄が原因です。

これまでにお腹を開ける手術をしたことがある場合、そのことが原因で癒着などをおこし子宮外妊娠になる場合もあります。

また、卵管がもともと発育していない、子宮筋腫や卵巣のう腫などの病気で卵管の通り道がじゃまをされてうまく通れなくなる、と言ったことも原因として挙げられます。

子宮は7センチほどの長さがあります。なすびを逆さにした図を想像して下さい。そして逆さにしたなすびの上の辺りから、左右に卵管が伸びています。子宮から両手を延ばしているようなイメージです。

卵管はその両手の先の方から根元に向けて、卵管采(らんかんさい)・卵管膨大部・卵管峡部・卵管間質部と言われます。

卵管采は、その近くにある卵巣から排卵がおきると、おいでおいでするように卵を卵管の中に導いていきます。

卵子は自分では移動できず、卵管に生えている繊毛(せんもう)によって運ばれて行きます。

精子と出会い受精できれば受精卵となり、日数をかけて卵管から子宮の中に入るのですが、その卵管が狭くて通りにくかったりすると子宮の中までたどり着けず、また炎症などで繊毛がうまく卵を運べなくなり、卵管の中に着床してしまうといった事が起こるのです。

子宮外妊娠の症状

子宮外妊娠で、ほとんどの場合見られる症状が「腹痛」です。腹痛のあらわれかたも、着床部位が違うので一律ではありません。

受精卵が大きくなるにしたがって痛みが強くなったり、痛みが全くない所に、突然急激な痛みがおきることもあります。

また、予定月経の1~2週間後に出血が見られることがあり、多くは少量で生理が遅れてきたと勘違いすることもあるので注意が必要です。

妊娠8週~9週頃には着床した部分が破裂する恐れがあります。破裂して初めて気づくという事も少なくないのです。

破裂も小さくお腹の中での出血も少量で済むこともありますが、中にはお腹の中で大量に出血をおこし命に関わる状態になる場合もあります。

スポンサードリンク

子宮外妊娠の手術

子宮外妊娠は自然に着床した部分が自然に吸収されることもありますので、必ずしも子宮外妊娠=手術、というわけではありません。

また、妊娠反応の強さ(hCGの値)を確認しながら、MTX療法(メトトレキセートという抗がん剤として使われる薬)で保存的に治療を行うこともあります。

子宮外妊娠で手術を行う場合、お腹を開ける開腹手術と腹腔鏡手術があります。

病院によっては開腹手術のみという所もありますが、最近は腹腔鏡手術を実施している施設も増えています。腹腔鏡手術の場合、おへその下を数センチほど切開して腹腔を使って手術を行います。

手術には、卵管ごととってしまう方法(根治手術)と卵管を切り開いて妊娠した部分をとる方法(温存手術)があります。温存手術の場合、妊娠した部分がとりきれず再手術になることもあります。

子宮外妊娠による生理の変化やつわりについて

子宮外妊娠も妊娠には変わりありませんので、つわりや妊娠にともなう胸の張りなども起こりえます。生理もありません。

ただし生理予定日の1~2週間後あたりに出血が見られることがあります。多くは少量ですが月経のような出血の事もあり、腹痛を伴うということもよくあるようです。

まとめ

子宮外妊娠は経験を積んだ医師でも診断が難しいこともあります。早すぎると思わず、妊娠がわかれば早めに検診に行きましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ