陣痛の痛みを和らげる4つの方法

Gsveo2uNSl1hbln1458764878_1458764885
初めての出産。陣痛の痛みって、どんなものだろう・・・

考えれば考えるほど不安になってきますよね。

でも安心してください。

陣痛には痛みを和らげる方法があり、それを知っているだけでもすいぶん違ってくるものなのです。

ここでは陣痛の痛みを和らげる方法を4つご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

呼吸法

出産において呼吸はとても大切です。

呼吸がしっかりできなければ、お母さんはもちろん赤ちゃんにとっても必要な酸素を十分に届けてあげることが出来ません。

呼吸しっかり行うことで、心も体もリラックスします。また、呼吸に集中することで、痛みから気持ちをそらすことが出来ます。

基本はゆっくり鼻から吸って、しっかり口から吐ききるという事が大切ですが、出産の進行によって呼吸の仕方が変わっていきます。

病院によってラマーズ法やソフロロジーと言った呼吸法を勧めている所もあります。

また、最近ではヒプノバーシング(催眠出産)という方法も知られてきています。

温める

体が冷えていると、血流も悪く筋肉も硬くなってしまいます。

赤ちゃんが出てくる子宮の口も、思うように広がってくれません。温めて血流を良くすることで痛みは緩和されますし、お産の進み方もスムーズになります。

カイロや湯たんぽなどで腰を温めたり、足浴をしたり。レッグウォーマーや靴下などで末梢も冷やさないようにすると効果的です。

マッサージする

吐く息に合わせながら腰の両側を圧迫してもらったり、いきみたいときに肛門にかけて適度に圧迫してもらう。

そのさいに、ゴルフボールやテニスボールを活用してもいいでしょう。

楽だと思う体位をとる

四つんばい、横向き、座るなど楽な体位で過ごしましょう。

眠たくなれば陣痛の間でも眠って下さい。休むことで、そこからまたいい陣痛につながっていきます。

まとめ

陣痛は、どうしても痛いというイメージを持つ方がほとんどです。その痛いという先入観や不安・恐怖が、痛みを強く感じさせていると言えます。

陣痛が始まればもうすぐ赤ちゃんと会えます。それを楽しみに楽しい事だけをイメージしながら過ごしてくださいね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ