産後うつの原因と予防法

WVxdpxiiRAG6dJ41457818092_1457818099
楽しみにしていた赤ちゃんの誕生。

でも、いざ親になってみると体も回復しないうちから、昼夜問わずの授乳やおむつ交換・・・。

疲労はたまり、何をする気も起きない、食欲もない・・・。

気づいたら、産後うつになっていたということも少なくはないのです。

産後うつとは出産後にうつ状態になる事を言います。

ここでは、そんな産後うつがなぜ起こるかについてお話ししていきます。

スポンサードリンク

産後うつの原因とは

産後は出産したお母さん自身の体をもとに戻そうと、体は修復にフル活動します。

ホルモンバランスも変化し、肉体的にも精神的にもとても不安定な状態になります。

その不安定な状態に慣れない育児での疲れや、こんな親では失格ではないか?と言った罪悪感などが重なり、うつになってしまうと考えられます。

多くは産後一か月以内に発症すると言われています。うつ状態が2週間以上持続する場合、産後うつとの診断になります。

出産後の入院中に兆候が見られることもありますし、退院して実際自宅で過ごすようになってから発症するケースもあります。

何気ない周囲の一言がきっかけになる事もあるのです。

産後うつになりやすいのは、一言で言えば「真面目」な人です。

理想の育児をしたい、頑張りたいという気持ちはとても大切です。しかしその一生懸命さが、自分を追いつめてしまう事になってしまうこともあります。

産後うつを予防するために

  • 頑張りすぎない

育児は、一人でやるものではなく、だれかの手を借りるのはごく当たり前のことです。

実家に帰っているなら両親、自宅なら夫に手伝ってもらう。手伝ってもらえる人がいなければ、市区町村の保健センターに問い合わせ、ヘルパー制度を利用するという方法もあります。

特に、体の回復が不十分な産後間もなくは心身ともに不安定な時期です。

十分に栄養と休養をとると共に、赤ちゃんとの生活に慣れることだけに集中しましょう。

  • 不安な事があったら相談する

初めての育児は、特に不安の大きいものです。

不安なときは、家族や出産した病院の助産師さんや、市区町村の保健センターなどに相談して、ストレスや不安をためないようにしましょう。

気持ちが塞ぐと出不精にもなりがちです。特に産後は動きもとりにくいので、電話相談からでも利用するといいでしょう。

いかがでしたか?

育児を楽しいと思えない・・というのが産後うつの一番の兆候の表れと言えます。おかしいと感じたときには、早めに専門家に相談しましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ